1_萌萌虫雑記帳.png

ニホンカナベビ5

2019/11/28


 夜間は気温が1桁になる昨今、日中でも日光浴している姿が見れなくなりました。ケージは室外に置いています。このまま越冬させることにします。変温動物は地中に潜ったりして冬の間冬眠し続ける、学校ではそのように教わりましたが、実際には冬場まったく動かないということでもなく、飲み水は常設してやる必要があります。
 体温が低下し、代謝が低くなっていますからエサは与えません。日中でも1桁気温になるような真冬までは昆虫ゼリーくらいは置いておいてやろうかと。

1

 ココナツシェルター。飼い始めてずっと寝ぐらとして利用されていますから、越冬中もここにいるはずです。

2

 シェルターを持ち上げてみました。土に潜ったりはしていません。このまま冬を耐えるのでしょうか。それともさらに寒さが増せば土に潜ったりするでしょうか。
 ケージ内にいれば寒風にさらされることはないので、このままでも越冬できるでしょう。シェルターを被せておきましょう。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM