1_萌萌虫雑記帳.png

春のミニマム花第7弾
ホトケノザ

2014/04/10


 以前にヒメオドリコソウの項で少し触れましたが、今回は山に行ってもう少ししっかり撮ってきました。



 うちの庭や近所の公園では、ホトケノザはヒメオドリコソウほどの集落を作りませんが、山に分け入ると、そこそこの群生を見つけることができました。



 独特の形状のピンクの花が、上方に向かってニョーっと首を伸ばします。ヒメオドリコソウの花よりもかなり派手です。ただ、どちらも数ミリの小花なので、平地では数で圧倒するヒメオドリコソウの方が目立っているのですが。



 すべての花が開いているものよりも、ツボミが混じるものをよく見かける気がするのですが、ツボミは色がひじょうに濃厚で、これはこれで可愛いです。



 参照画像として、ヒメオドリコソウの群生です。こちらは平地でも山でも大群を成しています。



 ヒメオドリコソウの花は、ホトケノザのそれよりも控えめな感じですが、草の先端の葉が赤紫に染まるので、それがいいアクセントになっています。



 じつはホトケノザとヒメオドリコソウはけっこう仲がよく、しばしば一緒に生えているところを見かけます。上の写真の黄色矢印がホトケノザ、赤矢印がヒメオドリコソウです。並ぶと花の大きさがかなりちがいますね。
 ヒメオドリコソウの方がよく群生するので、一緒にいる時はたいてい、ヒメオドリコソウの中にホトケノザが少し混じっているといった状況になります。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




つTw.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM