1_萌萌虫雑記帳.png

シロワラジムシ5

2019/12/22


 冬場は加温しているというものの飼育温度はせいぜい15℃で、それ以上に下がることもあります。それでもチビたちはひじょうに元気にしています。本種の飼育に関しては、乾燥葉が特効薬でしたね。

1

 クズの乾燥葉を入れておくと1週間ほどでこうなります。11月上旬にも同じ報告をしていますが、温度が下がっても衰えません。

2

 年が明ければ飼い始めて1年になります。15cmのプラケースで1年、1度も腐葉土を交換していません。一頃、かなり衰退してしまいましたが、それがウソのようです。

3

 腐葉土の中に潜り込んでいることより、その上に置いた木片の下にいることが多いので、木片を取り除くとワラワラでてきます。

4

 たくさんいますね。これで成虫です。多種であれば生後間もない幼虫といった容姿ですが。

5

 腐葉土交換なしで現状を維持できているものの、さすがにそろそろ交換した方がよさそうですね。小さな彼らを漏れなく救出して腐葉土を交換することは至難の業です。なにか良い方法はないものでしょうか。

6

 最近聞いた話しでは、この小さなワラジムシが、いつの間にか他のケージに潜り込んで大繁殖してしまうことがよくあるそうです。それはびっくりですね。さっそく実験してみましょう。
 庭で収穫したダンゴムシ&ワラジムシのケージに、本種を数十匹混入してみることにします。さて、どうなりますことやら。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM