1_萌萌虫雑記帳.png

ハマダンゴムシ

2019/12/11


 先々週の日曜日、ハマダンゴムシを偶然にも2人の方から入手しました。お一人はツイッター経由で知り合った方で、もうお一人はヤフオクに出品されていたものです。ハマダンゴムシは、すでに飼育中のニホンハマワラジムシと同様の海岸に棲息する等脚類で、ハマダンゴムシ科に属します。以前からその存在は知っていたものの、まさか実物にお目にかかる日が来るとは思ってもみませんでした。
 ツイッター経由でいただいたものは千葉県産、ヤフオク経由のものは熊本県産です。

1

 オカダンゴムシに比べるとかなり大きく、体高もあります。黒っぽい体に不規則な白い模様が入ったユニークな容姿をしています。すぐに砂にもぐってしまい観察しづらいので、プリンカップに入れて撮影しています。

2

 模様も様々ですが、色合いも個体ごとに異なります。若い個体ほど明るい色をしていますね。

3

 これら黒っぽいものは基本的な容姿で、中にはかなり異なる色合いのものもいます。

4

 個体ごとに色に濃淡があるほか、オレンジ色の紋を持つものがいますよ。

5

 オレンジ色の紋を持つ美しい個体。砂から掘り出した時にはみんな丸くなっていますが、しばらくするともぞもぞと歩き出します。
 以上は熊本産の子たちです。

6

 代わって千葉産の子たち。さらにユニークな個体変異が見られ、面白いです。千葉県産の方が概して色合いが明るい印象を受けるのは、個体変異の著しい個体が集まっているせいでしょうか。また、これらの変異は地域的にも差異があるのでしょうか。

7

 千葉県産の子たちも基本的には黒っぽい容姿をしていますが、白い模様がより大きくくっきりし、紋がつながっていたりするものが多いです。ちびもやはり白音がストライプ状につながっています。

8

 中央部が赤みを帯びる個体。このアズキ色がかった赤みは熊本産では見られませんでした。

9

 同じように赤みがあり、黒い部分がなくなっている子たち。メラニン色素が減退しているようです。

0

 黒い部分と赤い部分が、先ほどとは百点している個体(右)や、無紋でクリーム色の個体(左)もいます。無紋型は、地色が白いので白紋が目立たないのかもしれません。

1

 小さな幼虫たち。それぞれすでに個体変異が顕著です。

2

 それでは飼育環境を仕立てましょう。海辺の生き物ということで、土壌の ph をアルカリ寄りに保つためにサンゴ砂を使います。

3

 熊本産の子たちには、生息地の砂をたくさんつけていただいたので、サンゴ砂の上にこの砂を重ねました。浅い皿に海水をたっぷり含ませたティッシュを入れ、これを飲み水にします。エサはドッグフードとカトルボーンです。餌皿として乾燥葉を用いましたが、これも他の等脚類なら食べてしまいます。本種はどうでしょうか。

4

 ケージを外から見たところ。白いサンゴ砂の上に黒っぽい浜砂が重なっています。他の等脚類とはまったく異なる飼育環境です。

5

 虫が穿孔しているのが見えます。深いところまで潜り込み、サンゴ砂の層に達しています。

6

 ケージは2つ仕立て、千葉県産のものは浜砂を用いず、サンゴ砂のみとしました。餌や飲み水は同じです。飲み水用の海水は、海水の素を用いて作りました。ダンゴムシってお尻から水を飲むそうですよ。

7

 ケージに投入した熊本っ子たち。黒っぽいです。

8

 ケージに入れるとすぐに砂にもぐり始めました。ひじょうに夜行性が強いようですね。日中は砂の中に潜っているわけです。一番右側の子はグレーの無紋型です。

9

 千葉っ子たち。色彩が明るく派手です。同じように一目散に潜ってゆきます。

0

 ケージの側面から見たところ。堅いケージの側面に沿って潜ろうとするのは、多くの虫で共通しています。

1

 歩脚が他の等脚類よりも大きくて棘が多く、力強く穿孔してゆきます。

2

 翌朝見てみると、サンゴ砂のみの千葉っ子ケージは、砂が完全に水没し、虫たちが地表に逃れていました。サンゴ砂に加水した時は問題なかったのですが、一晩で砂が水に沈み、飼育環境が水没してしまったようです。
 スポイトを砂に突き刺して水を吸い上げ、水没状態から回避させると、虫たちはまた一斉に砂の中に潜ってゆきました。
 砂を加湿するのに用いた水は、海水ではなく真水を使用しています。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM