1_萌萌虫雑記帳.png

マレーシアアリノスワラジムシ3

2019/12/30


 4月から飼い始めて、最初に使用した小さなタッパーをいまだに使用しています。中に詰めた腐葉土も最初に入れたもののままです。

1

 最初は、どれくらい生きながらえるだろうか、そんなふうに思っていましたが、思いのほか頑健種です。

2

 とくに乾燥葉を与えるようになってからは調子が良く、繁殖も促されているようです。

3

 なにしろ微細な虫ですから、繁殖の実態をつぶさに観察することは困難ですが。

4

 腐葉土をまさぐると、白っぽいチビたちがチラホラと姿を現します。

5

 乾燥葉は切れないように新しいものを補填し、カトルボーンは古くなれば新品と交換します。この管理方法でこれから先もずっと飼ってゆけると思われます。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM