1_萌萌虫雑記帳.png

春のミニマム花第9弾
ミチタネツケバナ

2014/04/10


 乾燥を好む植物なので、道端などでもよく見られます。雑草らしい雑草ですね。花をつけるこの時期は、本種の特徴が最もよく現れます。



 白い小さな花の周りを、堅そうな実が直立して取り囲むのが本種の特徴です。アブラナ科の仲間だと聞けば、なるほどらしい恰好だと納得できます。



 多数の実をつけると、それがよく目立って、なんか針金細工のような痛々しさを感じますが、葉は優美な丸い形をしています。



 近似種のタネツケバナの方は、湿度を好み水田付近で多く見られる雑草です。こちらはもう少し見た感じが柔らかいです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM