1_萌萌虫雑記帳.png

春のミニマム花第10弾
オランダミミナグサ

2014/04/10


 どこにでも生えているあまりにもありふれた雑草なので、誰も気にもとめないのではないでしょうか。春になると、白毛をたくさん生じたツボミをたくさん付け、もっとも本種らしい姿になります。イメージ的には花よりツボミの方が馴染みがあるというか見覚えがあるというか、そんな印象を持っているのは筆者だけでしょうか。



 子供の頃に、雑草を適当につかんで引っこ抜くと、本種のツボミがたくさん手の中に残ったものです。葉は小さくて丸く、あまり目立ちません。



 花を拡大して見たのは、今回が初めてですが、なかなかチャーミングな形状をしているのに驚かされました。これまで気にとめて本種の花をじっくり観察したことなどなかったですからね。これはなかなか感動的な発見です。



 ヨーロッパ原産のナデシコ科の植物で、世界中に帰化して繁栄しているそうです。山岳地帯には、日本在来種のミミナグサが棲息しているそうですが、タンポポと同様に、帰化種に繁栄の座を譲っているのかもしれませんね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM