1_萌萌虫雑記帳.png

ハナダカダンゴムシ オレンジ2

2020/01/13


 昨年の9月下旬に入手した小さな幼虫たちも今ではすっかり大人になりました。そして2世も育ってきています。オレンジ品種は現在のところ他で見たことがないので、筆者にとってはひじょうに貴重です。繁殖も軌道に乗ってきたようなので喜ばしいです。

1

 生き物の即売会ではハナダカダンゴムシは人気がありません。皆さんそこいらにゾロゾロいる虫だとお考えのようですが、野生種は神戸と横浜にしかいないそうですよ。でも、オレンジ品種なら人気がでるかもですね。

2

 成長するに連れてオレンジの体色がいっそう鮮やかになってきました。きれいだ。

3

 一方で、黒味が強くなってノーマルに近づくものも目立つようになって来ました。アルビノオカダンゴムシ同様、メラニン色素が欠損しても、メラニンを生成する物質を持っていれば、2代目以降に黒が出色する個体が現れるのは止められないのでしょう。

4

 ひじょうに黒っぽい個体は取り除いてゆけば、オレンジをよく発色する個体が増える傾向になるのでしょうか。

5

 これは筆者が選別固定したものではないので、それほどオレンジにこだわるわけでもないのですが、このまま代を重ね、すっかりノーマルに戻ってしまうのはちと寂しいですよね。

6

 永代オレンジを維持するには、こんな個体は繁殖に加えるべきではないでしょうね。

7

 でも、オレンジならぬアズキ色もそれなりにきれいです。ノーマルの明るい色の個体とほとんど変わらないけれど。

8

 見事なオレンジ個体。なかにはさらに明るい色でピンクに近いようなものもいますけど。

9

 よりオレンジを厳選してゆくか思案のしどころですが、もう少し個体数を増やしてからまた考えるとしましょうか。

コメント
コメントする








   

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM