1_萌萌虫雑記帳.png

ワラジムシ15

2020/01/14


 ワラジムシとオカダンゴムシの混合飼育で、ワラジムシが圧勝したということは、少し前にも記述していますが、今日はワラジムシの変異型について少し見てみたいと思います。

1

 ハナダカダンゴムシ、クマワラジムシと共にうちでは一番大きなサイズのケージを使っていますが、個体数が多いのですぐに腐葉土が劣化しれしまいます。交換してやりました。

2

 オカダンゴムシに比べると、色彩変異の少ないワラジムシですが、群れをじっくりにらんでいると、けっこう様々な色合いのものがいます。

3

 上の大きな個体はオーソドックスなタイプですが、その下にいる2頭の幼虫はけっこうカラフルです。って1頭はダンゴムシじゃん。見分けるには尾肢を観察します。一目瞭然ですね。

4

 ひじょうに奇麗な赤まだらタイプ。残念ながらそのほとんどがメスで、選別固定を困難にしています。

5

 各節の外縁部が白くなるタイプ。最近生まれてくる幼虫に、これが目立つようになって来ました。

6

 これはより成長したものです。中央部が黒くなってきた分外縁部の白が目立ちます。

7

 さらに成長し、ほとんど成虫ていどのサイズのもの。シロヘリワラジムシと呼びたくなるほどメリハリのあるツートンカラーですよね。

8

 白縁の個体ばかり選別すれば、新しい品種が作出できるでしょうか。それともどなたかすでにやられてます? また世話が大変になるので、あまりやる気ないですけどね。

コメント
コメントする








   

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM