1_萌萌虫雑記帳.png

マンボウ

2020/03/08


 フグ目マンボウ科に属する大型魚で、世界各地の熱帯および温帯の外洋で見られます。中には体長3m体重2トンを超えるものもいるそうです。海面付近をゆっくりと浮遊しながらプランクトンを食しているとされて来ましたが、じつは生活圏は水深800mの深海にまで及ぶことが判ったらしいです。
 縦扁したずんぐりとした体に背ビレと尻ビレが上下に長く伸びる容姿はひじょうに独特ですが、稚魚では球形の体に大きな棘が並ぶまったく異質な形状をしています。これをコンペイトウとも呼びますが、カサゴ目ダンゴウオ科のコンペイトウと言うまでもなくまったく無関係です。少し成長すると細かい棘をまとうハリセンボンのような形状になり、さらに成長してマンボウ型になります。

1

 ひじょうに神経質な魚で、とくに大型の個体は飼育が難しいそうです。鳥羽水族館ではダイバーになついている姿を見ることができましたが、あそこまで順化させるのは容易ではなかったのでしょう。水槽のガラス面への衝突を防ぐためのビニールシートが張ってありました。


コメント
コメントする








   

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM