1_萌萌虫雑記帳.png

シルベストリワラジムシ4

2020/02/03


 何だか謎の多い虫です。これを飼育されている皆さんはどうなのでしょう。飼育は順調ですか? うちでは順調なのか衰退しているのかもよく解りません。

1

 つい最近まで、赤みのある個体が減ってしまい、白っぽかったりほとんど黒だったりしたのですが、極最近になってまた赤みのある子が目立ってきました。本種としてはこれが理想なのですが。

2

 この子も赤いですね。いい感じです。

3

 赤い、赤い。でも痩せっぽちです。
 で、問題は以上の子たちがフタに挿んだ防虫シートの裏側にくっついてるってことです。ということは、彼らはプラケースの側面を登ってここへ達したということです。これまで、等脚類の仲間でプラケを登れるのは、微細種のハマワラジムシくらいのものでしたから、びっくりです。プラケを登るとなれば、小さな幼虫が発生した場合脱走の可能性が生じますから、フタをぴっちりと閉じておかねばなりません。

4

 つい最近まで、白い菌糸がケージ内にわいていましたが、急速に減退しました。あの頃は湿度過多だったのでしょうか。それと反比例して虫たちの食欲が増進し、乾燥葉に多数の食痕が見られるようになりました。

5

 写真上は1ヶ月前のケージ、下が現在の様子です。寒さに弱いのかと思いきや2月になって元気を取り戻しています。湿度過多が解消されたことが原因かもしれませんが、いまいちよく解りません。

コメント
コメントする








   

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ



サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM