1_萌萌虫雑記帳.png

パオアベイ

2020/02/25


 フグ目フグ科の淡水魚です。小型のフグの仲間には淡水性や汽水域のものがいたほらいますね。メコン川流域を中心に東南アジアに生息しています。甲殻類や貝類を食べていますが、小さな魚を食べることもあるようです。

1

 飼育は容易ではないようで、日本ではニフレル(大阪)と海響館(山口)でのみ飼われているとのことです。

2

 模様はやや地味ですが、興奮するとスポットがオレンジ色になるそうです。

3

 テリトリー意識が強く、しばしば個体間の争いが生じるので、複数飼育も難しいようです。シェルターを多数設ける等の工夫が必要ですね。

4

 ニフレルでは繁殖に成功しており、写真は少し育った稚魚たちです。

5

 稚魚の間は争うこともないのでしょうが、性成熟するとこうはゆきません。
 以前に某ショップで、オヤニラミの成魚を大量に1つの水槽に入れているのを見たことがありますが、ポピュレーションがあまりにも多くなるともはや闘争する気も起らくなるようです。本種にそれが通用するかどうかは解りませんが、別のショップではミドリフグを同じように大量管理していました。

コメント
コメントする








   

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM