1_萌萌虫雑記帳.png

ヒラメ

2020/02/27


 カレイ目ヒラメ科の海水魚で、食用としてもひじょうに有名ですね。カレイの仲間が頭部の右側に目が寄るのに対して、ヒラメ類は左側に寄ります。本種は大きいものでは1m10kgていどになるそうですが、そんな大物は見たことがないですね。

1

 底砂に潜って目だけを出しているのが基本姿勢ですが、水族館では泳ぎ回る姿もよく見かけます。

2

 砂に潜らなくても体を砂と同じ色に変化させることができますが、たまに?な子もいます。

3

 飼育環境に慣れてくると警戒心が薄れるのか、砂に潜って目だけを出している子を探す方が困難になります。

4

 ニフレルではヒラメ専用の水槽がありましたが、他の水族館で他魚と混泳させれれているヒラメは、砂に潜ってましたね。

5

 泳いでますねぇ、ひらひらと。腹側は白いと思いきや、ヒラメの場合はけっこう黒い部分が多いですね。真っ白の子もいますけど。

6

 料亭の水槽にいるものや、鮮魚店に並んでいるものは、もっと黒っぽいですね。どっちが本来の姿なのでしょう。

コメント
コメントする








   

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM