1_萌萌虫雑記帳.png

ツバキ

2014/04/11


 先日の山歩きで、山に自生しているツバキを見つけました。ツバキは古来より日本の代表的な照葉樹なので、山にいてもおかしくないわけですが、庭木として見ることがあまりにも多いので、なんだか違和感を感じてしまいます。



 最初、山の斜面に落ちている花を見つけました。ツバキの花は、綺麗に咲いているうちに花ごと落下するのが特徴ですね。他の多くの花のように盛期が終わっても萎びてくっついているようなことはありません。



 で、見上げてみると、それはそれは大きな大木にたくさんの花がついていたのです。写真をじっくり見てください、花をたくさん見つけられるはずです。樹高は5〜6メートル、あるいはそれ以上あるかに見えました。大きなお屋敷の屋根をホイホイ超えるくらい。
 庭木としてのツバキはせいぜい人の高さくらいなので、これは壮観でした。



 この樹が野生のものなのか、人為的に植樹されたものなのかは判りません。この辺りの山には他の場所でもツバキの花を見ていますので、もしかすると自然に自生しているものかもしれませんね。

※ 庭草の章にもツバキの記載があります。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM