1_萌萌虫雑記帳.png

クマワラジムシ ピーチ2

2020/03/14


 去年の10月に小さな幼虫を少量譲ってもらったものです。一頃はクマワラジムシの他の品種に比べて元気がなく、このまま絶えてしまうかと心配しましたが、なんとか冬を越えました。

1

 大きくなりました。1cmを上回るくらい。オレンジに似ていますが、ずっと淡い色をしていて、透明感がちがいます。とくに尾端よりの節ではひじょうに透き通っていますよね。

2

 冬場低温にしていたせいもあって成長の遅い子もいます。この子でまだ1cmに達していません。

3

 小さな個体ほど白っぽく、内臓が透けています。目は赤いです。

4

 うーん、ピーチだ。写真ではきれいなピンク色に写すのは難しいですね。

5

 他品種(ノーマルやオレンジ)に比べて元気がないように見えたのは、ケージ内の個体数が少ないからでしょう。過密状態になると歩き回っている者が目立つようになります。

6

 ここまで成長すればもう大丈夫。あとは繁殖を期待するばかりです。

7

 クマワラジムシのピンクは今でもあまりメジャーじゃないので、たくさん増やしたいです。だからってどうするわけでもないんですけど。

コメント
コメントする








   

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM