1_萌萌虫雑記帳.png

サバゲノコギリクワガタ2

2020/03/04


 12月下旬に入手したアフリカ産のクワガタですが、2月にマットがあまりにも乾燥したので加水しました。その後は幼虫たちは元気にしているようです。

1

 どうです? あれから少しは大きくなりましたか? 3令(終令)3ペアとして入手しましたから、その後の成長はほとんど見られないと思われます。

2

 プラケの外側からの観察ではなおのこと、幼虫の様子はよく解らないですよね。元気にしているかどうかを何とか確認できるていどです。

3

 幼虫の周りのマットが濡れたようになっているのは、先月の加水のせいではなく、幼虫が分泌したもののせいであるように見えます。尻尾が観察できればよいのですが、なかなか見せてくれません。尻尾が白くなっていれば、貯めてあった糞を出して蛹室を作っていると判断できます。

4

 こりゃ頭だし。尻尾を見せてくれませんかねぇ。でもいずれの幼虫も底の方にいて、外から観察しやすいようにプラケの側面に沿って空洞を作っているのは期待できます。クワガタの飼育をこなしている方なら、彼らが硬い場所に沿って蛹室を作る傾向にあることをご存知ですよね。

5

 おやおや、この子はすでに蛹化しているように見えますよ。

6

 こちらも用化してますね。

7

 同じ個体の写真です。やはりどう見ても蛹ですよ、これは。

8

 掘り返してみました。蛹です。

9

 メスですね。目と爪が黒くなり始めています。

0

 同じケージから今度はオスの蛹が得られました。

1

 メスよりも少し色白な気がしますが、目は黒くなり始めています。蛹化の時期はオスが少しだけ遅いていどでしょう。

2

 腹面図。大顎の形状からかなり小型のオスのようです。

3

 蛹室から取り出した蛹は、人工蛹室で管理すべきところですが、面倒なので彼らが作った蛹室をマットに浅く埋め込んで管理することにします。周りのマットに加水しておきます。

4

 ラップを被せます。

5

 フタをして出来上がり。この状態で羽化を待ちます。もう少し色づいてきたら背中を上にしておいてやる方がよいでしょう。クワガタ類は羽化後も蛹室に留まるものが多いですが、飼育下で他に邪魔者がいない場合は羽化直後から不通に飼えば良いと思います。採餌をし始める時期は虫に任せます。
 なによりも無事に羽化することが先決ですけど。

コメント
コメントする








   

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM