1_萌萌虫雑記帳.png

ヒメリュウキンカ

2014/04/11


 7日の山歩きの収穫の1つです。もともとヨーロッパからアジアにかけて分布する植物で、おそらく鑑賞用に持ち込まれたものが帰化したものでしょう。今回は山歩きをしていて見つけました。柔らかそうな丸い葉はしっとりしていて、湿地の植物のそれのようです。黄色い大きな花も艶やかで、花弁には独特の光沢があります。



 この植物だけを見ていると、雨でも降っていたのかと思えるような湿度を感じます。この日はよく晴れているとは言いがたいものの、雨の気配はまったくありませんでした。葉っぱの濡れたような光沢がそう感じさせるのでしょう。



 10枚の花弁を持つ黄色の花は、けっこうボリュームがあって、名前のヒメの字を感じさせません。花数も多いです。花弁の根元が油でも吸収したような感じに変質しているのも、ささやかなアクセントになっていますね。
 耐寒性があり、夏は休眠するのだそうです。高い木立の多い日陰を好む植物かもしれませんね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM