タイトル.jpg

サウスインディアンレッドラインミリピード4

2020/05/22


 飼育開始から10ヶ月ばかりが経過しました。同居中のキーズバンブルビーと共に死滅することなく生きながらえています。

1

 本種はケージ内の湿度勾配に応じ比較的乾いたところに集まりますが、現在はラップで乾きの防止をしているせいか湿度は一様です。ケージの方々にいました。

2

 掘り起こすとよく動き回りますが、そうでなければおおむね地中にいるようです。地表を這いまわっている姿はほとんど見かけません。

3

 さっそく潜ってゆきました。腐葉土の交換をするのでまたすぐに掘り起こしますけどね。

4

 同居中のキーズバンブルビーとのツーショット。

5

 カルシウム補給のためにいれてあるカトルボーンですが、食べてはいるようですがあまり減らないです。

7

 小さな個体は、充分に育った個体とかなりのサイズ差があり、うちで生まれて大きくなったこのようです。

8

 頭部のズームアップ。ヤスデはなかなか顔を上げてくれないので、こんなショットしか取れないです。筆者にもっと根気が必要ですね。でも他にも世話を焼かねばならない生き物がたくさんいるし。

9

 たくさん幼虫が出て来ました。本種の子とキーズバンブルビーの子の区別がつかない小さな幼虫たちです。

0

 小さな幼虫にとっては腐葉土をかじるのも一苦労でしょうね。

1

 頭部付近にうっすらとバンド模様が出てきています。ちょっとだけ成長した幼虫です。

2

 もう少しだけバンド模様が出ている幼虫。本種はストライプ模様なので、バンドならキーズバンブルビーの子では? と判断するのは早計です。これはまだ模様というより各節の区切り目が目立ってきただけです。
 腐葉土を交換しましたし、幼虫たちの今後の成長を期待したいですね。

コメント
コメントする








   

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM