タイトル.jpg

アルマジロオフィシナリス オレンジ3

2020/05/30


 ノーマル品種から遅れること2ヶ月、去年の10月に入手しました。地味ですが赤い分だけちょっとは派手かと。この子たちも依然としてお変わりありませんね。

1

 温度変化や湿度の増減、腐葉土の劣化にもめげず、数も減らさず今日まで来ましたが、いまだに繁殖にはいたりません。

2

 日中はこうして丸くなったままの虫なんでしょうか。

3

 珍しく樹皮の裏側に伸びてくっついている個体がいました。他の等脚類なら当たり前の姿ですが、本種の関しては貴重な画像です。見た目は貴重でもレアでもありませんが。

4

 エサはよく食べますよ。乾燥葉にも食痕が見られます。なのに成長が遅い。栄養を耐性に回しているんですか?

5

 樹皮をどけるとモゾモゾと歩き出します。いつもの反応ですが、飼い始めたばかりのころは丸まったまま動かなかったなぁ。

6

 カビです。なんのカビかは存じませんが、わたがしのようなクリーミーな見た目の菌類です。

7

 クマワラジムシもそうでしたが、こうした白いカビと等脚類は相性が悪くはないらしく、カビの下や中に潜り込んでいたりします。これってエサになるんでしょうか。

8

 拡大すると、外殻に厚みがあり堅牢な感じがしますね。甲冑っぽいです。

9

 久しぶりに腐葉土を交換してやり、白いカビは洗い流してやりました。虫たちにしてみればカビの除去は余計なお世話なのかもしれませんが、見栄えが悪いですから。樹皮が濡れているのは洗ったせいですよ。

0

 陸棲等脚類の飼育では、虫に水をかけてはいけないと聞いたことがありますが、うちではけっこうかけますね。彼らだって水は飲みますしね、お尻から。飲んでるところはあまり見たことないですけど。お尻を水にちょんちょんと々つけて、可愛いしぐさをします。

コメント
コメントする








   

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM