1_萌萌虫雑記帳.png

オオアマナ2

2014/04/19


 ここ数日の間にどんどん花数が増えました。まだたくさんのツボミがあるので、これからしばらくは本種の花盛りが続きますね。ラッパスイセンはもう終わってしまいましたが、少し小ぶりの白いスイセンはまだまだ最盛期です。



 相変わらず花茎が短く低い位置で咲きますが、花数が増えるとよく目立って来ました。



 スイセンに負けない大繁殖ぶりですが、スイセンと同じように行儀よく花壇の縁石に沿って増えています。



 花数が増えてくると、なぜだか花弁が黒ずんでいる花が目立つようになりました。理由は想像もつきません。病気じゃないとよいのですが。



 同じく大繁殖中のホワイトワイルドストロベリーと土地争いをしています。



 ところで、本種は夜になると花が閉じると聞いたので、確認してみることにしました。携帯用の蛍光管ライトで照らすと、夜間でもけっこう綺麗に摂れますね。確かに閉じてます。



 閉じてますねぇ。おもしろい。閉じてない花もあります。もしかすると夜更かしが花弁の黒ずみの原因じゃないんでしょうか。夜はちゃんと寝るべしです。



 花が閉じたものと、ツボミがややこしいですが、花の方があきらかに大きいですよね。
 ってことで、夜に眠る花のお話しでした。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM