1_萌萌虫雑記帳.png

オステオスペルマム

2014/04/26



 見た目、キク科植物らしい整った花ですが、意外とありそうでない植物なんですよね、これが。園芸の専門家の方にはどうってことない普通の植物なのかもですが、筆者は名前を検索するのに苦労しましたよ。



 オステオスペルマムなんて、これまで聞いたことがありません。それに他で見たこともありません。筆者の庭以外では、生前の母が育てていました。何を隠そう、かくいう母が我が家が新築された時に勝手に植えていったわけですよ。



 ムラサキギクなんて和名でもついてないんですかねぇ、オステオスペルマムなんて学名っぽくて覚えられないし。って、流通名でありながら学名なんでしょうけどね。



 庭から垂れ下がって、石垣の植えに乗っかっています。上の写真では左側に去年以前の古い枯れた茎がたくさん残っていますね。これらの茎もそのうち葉をつけるかもです。



 うちの庭では、何ヶ所かで本種が庭から垂れ下がっていますが、母がそうなるように植えていったわけです。手入れが行き届いていないので、枯れ茎が目立って見すぼらしいです。すみません。



 今の時期は、ちょうど若葉が出始め花が咲き始めた頃なのですが、これから夏にかけて次から次へと花をつけますよ。



 筆者のところでは、この紫の花だけですが、白い花や異型の花弁を持つものなど、たくさんの園芸品種があるようですね。



 ネットで調べてみますと、じつはうちみたいに垂れ下げて育てるタイプの植物でもないようですね。鉢植えやあるいは花壇に普通に植えているみたいです。母は何を思ってこれを垂れ下げようと考えたのでしょうね。そして母の思惑どおりに垂れ下がっているというのもまた……。この状況でかれこれ10年、毎年たくさんの花を咲かせています。庭の内側に伸長してくる茎は、遠慮なくバシバシ刈っています。知ってる人が見たら、花壇に本種が満ちあふれていて、さらにはみ出した茎が垂れ下がっているのかと思うかもしれません。



 花をアップにすると、なんか幻想的な感じがすると思うのは筆者だけでしょうか。蚊が1匹、花のうえでくつろいでいます。

コメント
オステオスペルマムの名前を探して、ここにお邪魔しました。別名、アフリカデージー、アフリカキンセンカ、とも呼ぶそうです。
  • るな
  • 2016/08/10 4:38 PM
るな様。
この花は筆者の母の形見なのです。庭の石垣から垂らしていますが、この方法って正しくないのでしょうか?
ほぼ自然放置状態で毎年花を咲かせています。
  • 筆者
  • 2016/08/11 8:13 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




つTw.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM