1_萌萌虫雑記帳.png

コバノランタナ

2014/04/26



 オステオスペルマムと同じく、筆者の母が植えていった(あるいは母宅から息子が持ってきた)ものです。小花が球状のかたまりを作り、それがポツポツと散在する可愛らしい花です。



 今の時期はまだ咲き始めで、これから夏にかけてと、秋口までが咲き頃です。猛暑の頃は花数が減るきがします。真夏に、花が終わったのかなと思っていると、日差しが弱まってきた頃にまた花が増えてきたりします。



 筆者の庭では、ご覧のとおりのまとまりのない体たらくですが、これは手入れが行き届かず、加えてスイセンやらホワイトワイルドストロベリーやらがズズンと割り込んできているおかげですね。雑草も多いぞ、という突っ込みはやめてください。庭のお手入れに充分な時間をかける労力は筆者には残っていません。
 園芸のサイトに、花が終わったあと摘芯をしないと茎がだらしなくなって花数も減ってしまうとありましたが、まさにその状態になっちまっています。



 花弁の形状が少し変わってて面白いですよ。それにしても綺麗なピンクだ。いいですね、ピンク。今年の秋には、少しは手入れみたいなことやってみようかな、なんて思っています。



 上の写真は、去年の秋が深まり初冬の頃のものです。まだわずかに花が残っていますが、葉はすっかり紅葉しています。緑の葉が混じっているのはホワイトワイルドストロベリーです。
 本種は、うちが新築の頃からの住人ですが、近年新しい草花がいろいろ増えて目立たなくなって来ました。ツタ性の性格もあるそうですから、石垣の植えに垂らしてやってもいいかなとも考えています。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM