1_萌萌虫雑記帳.png

ジャコウアゲハ

2014/04/29


 ジャコウアゲハは、クロアゲハ、カラスアゲハと共に黒いアゲハチョウです。同じ黒いアゲハでもモンキアゲハは後翅に大きなクリーム色の紋があって判りやすいですが、他のアゲハは飛んでいる姿を見ただけではすぐには見分けられません。チョウに精通している人なら区別は簡単なんでしょうけど。
 筆者としては、成虫よりも幼虫や蛹に魅せられて本種に興味がありました。
 本種は、幼虫の食草がウマノスズクサやその近縁種であることから、それらの植物を見つけないことには出会えません。これまで図鑑等でしか見たことがない幼虫や蛹が、時としてネット上に落ちていることがあります。インターネットは様々な生き物の棲息地です。今回もネット上から楽して入手しました。



 まるで陶器のような質感と独特の色あいのこれは、こうして写真で見ると芸術工芸品のように見えます。見えませんか? これがジャコウアゲハの蛹です。



 越冬蛹を10頭ばかり送っていただいたのですが、この時期にまだ蛹だというのが少々不思議に思えました。以前にも越冬蛹を入手したことがあるのですが、それは冬期に送ってもらって、4月上旬には羽化を迎えました。前回は関西、今回は関東産となるので、羽化時期の差はそのちがいでしょうか。



 綺麗なチョウを羽化させるためには、蛹を適切な姿勢に固定しなければなりません。小枝に蛹を1つ1つ個別に固定し、自然界での姿勢を維持できるようにしました。



 ご存じの方も多いでしょうが、アゲハチョウ科の蛹は、尾端と胸部のところで糸によって木などに固定されています。送ってもらった蛹はいずれも固定した場所から取り外された状態でしたが、蛹に糸が残っているもの(上の3面写真の右側腹面写真参照)については、その糸をクラフトテープやセロテープでくっつけて小枝に留めました。



 糸が残っていないか、わずかしか残っていないものについては、尾端をテープで固定し、胸部に裁縫の糸を巻いて固定しました。尾端にはどの蛹もわずかでも糸が残っており、テープが使える余地くらいはあります。



 あとは羽化を待つだけです。ジャコウアゲハの蛹は刺激しても動かないので生きてるか死んでるか判りにくいです。無事な羽化を期待したいです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM