タイトル.jpg

スマトラヒラタクワガタ2

2020/10/15


 20年ぶりのスマトラヒラタです。前回はまだ流通し始めたばかりで、ひじょうに高価な生き物で、業界に精通している知人のおかげで入手できたのですが、現在では多くのブリーダーが自家繁殖させており、かなり安価になりました。それでもショップで買うとまだまだ安くはありませんよ。

1

 ピッカピカのメスです。55mmともなるとメスでも大きいですね。

2

 今回はネットオークションでペアと、たまたま単品のメスを落とせたので、2メスになりました。

3

 メスでも力強い大顎を持っています。咬まれると大流血ですね。

4

 メス2頭をプラケースに入れてみた。気の荒い虫ですから、これではメス同士でも傷つけあうかもです。

5

 1頭ずつ別容器で飼うことにした。しばらくの間は雌雄別々に管理します。

6

 オスは、101〜103mmとのこと。大顎の開閉で誤差が出るとの表記でしょう。10cmのクワガタはやはりすさまじいです。ギラファやメタリフェルとちがって、ヒラタの場合は体自体が大きいですから。

7

 側面図。なんだか微妙な絵柄ですね。

8

 物差しを置いて見た。大きいでしょ? 国産種(ヒラタクワガタの日本亜種)はここまで大きくならず、オオクワガタの方が大きいようですが、熱帯のヒラタはオオクワガタをはるかに凌駕します。

9

 ペアリングを試みて幼虫を採りたいところですが、雌雄を同居させるとメスが殺されることも少なくないようです。かといって交尾の様子を見張る、いわゆるハンドペアリングはめんどうですよね。

0

 同時に入手したテイオウヒラタ(右)に比べると、大顎がひじょうに太く、内歯が後方にあり、先端までの間はノコギリ状になります。同じヒラタクワガタでも亜種同士でかなり形態に差がありますね。

1

 オスはメスよりも大きな容器に収容します。小さなプラケではフタを押し上げて脱走されそうです。デカいくせにけっこう暴れますからね。

コメント
コメントする








   

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。


recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM