タイトル.jpg

シナイデザートスコーピオン

2014/05/10


 むかしは毒虫の飼育に対する規制がなかったので、いろんな強毒サソリが輸入されたものです。あの頃は良かったなぁ。帰化して植生にダメージを与える恐れのある虫以外はどんどん輸入されましたからね。



 本種は、別名をデスストーカーとも呼ばれ、たいへん危険な強毒サソリとして有名で、それだけに人気がありました。胴長数センチの小さなサソリですが、胴部を覆い尽くすほどの太くて長い尾を持ち、とてもカッコイイ虫です。



 でっかい尾に対して前肢のハサミは細く、獲物を押さえつける力はそれほどではないと思われます。ひじょうに強毒で刺されれば人間でも命の危険にさらされるとも言われています。そんな毒を持っていれば、獲物を押さえつける腕力は必要ないでしょう。



 サソリは小さなものほど危険だと言われることがありますが、これはあまり正しいとは言えません。確かに本種やストライプバーグスコーピオンといった強毒種は小型で、ダイオウサソリのようにザリガニみたいな大型種は弱毒ですが、小型種でも危険性の少ない種はたくさんいますし、別項で紹介したサウスアフリカンファットテールのように、大型で強毒のサソリも存在します。
 もっとも、サソリの仲間で人間くらいの大きさの動物が深刻なダメージを受けるほどの強毒種は例外で、サソリ全体の2.5%ていどだと言われています。まぁそれでも多いと言えなくはないのでしょうけど。言い換えればひじょうに多くのサソリが危険性が少ないわけで、その多くが強毒種と一緒に規制対象になってしまったのは寂しい限りです。
 サソリは夜行性で、動きも素早くなく平面行動が中心なので、取り扱いもあまり難しくありません。負傷することなく飼育するのが困難というわけではないのです。でも、危険性がある以上、国としては規制せざるを得ないのでしょうね。
 今では日本では現物が見れない動物なので、せめて写真でお楽しみください。

コメント
アフガンデスストーカーかっこいいなんだこれ飼えるのかな!?っと思って調べてみれば時既に遅し…
家族や友人と話していても蠍やタランチュラは大きな誤解を受けていると痛感します、蠍に刺されたりタランチュラに噛まれると言えばとりあえず死を連想する世間の認識は悲しい物です。こいつは危険ですが(笑)
  • 通りすがりの蠍好き
  • 2014/06/05 7:00 PM
通りすがりの蠍好き様
ほんと世間の目は毒虫に対して冷たいし無知ですよね。あんな魅力的な生き物たちを嫌うなんて、人生半分損してますよね。
イヌの方が数百倍危険だし、毎年被害者が出てるし。
なんてこと言ってたら周りに嫌がられるので…耐えるしかないですね。
  • 筆者
  • 2014/06/06 7:18 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM