突然変異の方向性

 生物の進化を促す大きな要因は突然変異であると広く信じられていますが、突然変異の多くはいわゆる奇形とか言われる望まれざる形質の発現です。ある器官が異常に大きすぎたり、色が変わっていたり、場合によっては生活に支障を来すような異状で、その個体の生涯は短命に終わってしまうことが多いです。
 ところがたまたま、その異状が親や周りの仲間より優れていたとしたら。その個体は生活するうえで優位に振る舞うことができ、長生きして異性とも出会い、子孫を残すことができるでしょう。しかしその変異型の遺伝情報は異性との交配によって薄められますし、子や孫に発現するとは限りません。優位な突然変異が多くの個体に顕現して追試が行なわれ、優勢遺伝子の情報として定着するチャンスはどれほどあるのでしょう。
 優勢遺伝の法則に関しては、実際にはもっと複雑なメカニズムがあるので、上述の表現ではあまりに簡略化が過ぎ、誤解が生じるかも知れませんが、突然変異が継承されることの難しさが雰囲気として伝わればよいかなと思います。
 突然変異がたまたま偶発的に起きる異状なのだとしたら、それが進化の原動力とする考え方には筆者は否定的な態度を崩せません。獲得形質が遺伝せず記憶もされないとしたら、偶発的な変異の積み重ねだけで、定行進化は順調に進むのでしょうか。キリンの首やゾウの鼻は伸び続けることができるのでしょうか。自然に働く淘汰圧だけが数ある変異型の中から用不用を判定し、理想的な形質だけを残してくれるのでしょうか。
 環境の変化がゆるやかで、あるていど恒常的であれば、一定の淘汰圧が生物に働き続けることは間違いないですが、それを生物の方が遺伝子レベルで判断し適応しようとするようなことはないのでしょうか。
 獲得形質や経験が記憶され遺伝子上に記録されるとしたら、そしてそれを元に突然変異が起こるとしたら、生きて行くのに有利な変異型が発現してもおかしくないと思いませんか? そしてそれは遺伝情報に基づいているわけですから、子孫にも定着しやすくなるでしょう。
 前項で述べたように、特定の地域において同じ種類の生物から同じような変異型が複数同時に生まれ、それが新しいタイプとして次の子孫を残し、地域変異や地域亜種を生じるといったことはそれほど珍しいことではありません。
 あるいは人間が養殖によって、鑑賞用に美しい品種を作出したり、食用として価値の高い品種を作ったりする、いわゆる人為淘汰による品種改良も、人為的に淘汰圧をかけ続けることによって、地域変異と同じ現象を生じさせているわけです。
 突然変異が、獲得形質や経験の記憶と記録に基づくもので、特定の地域(環境)で同じ淘汰圧にさらされ続けた個体群において、あるていど一斉に生じるものだとしたら、少なくとも単独でなく複数の個体に同様の変異が同時期に生じるものだとしたら、筆者は突然変異を進化の原動力として受け入れることができます。
 また、ある時ある場所で、大きな進化が突然起きるといった進化の跳躍説にも賛同できます。

 以上のように説明すると、進化は極めてアクティブに生じ、生物がどんどん変わって行くように思われるかも知れませんが、生の営みの実際はひじょうに安定的なもので、子孫への遺伝情報の伝達は極めて正確に行なわれ、進化はおいそれとは起こりません。それでも生物は変わり続けています。サメは何億年も変わらぬ姿でいると言われますが、太古のサメと現生のそれとでは種類が異なっています。サメの系統において進化が極めて漸進的だったから、変化していないように見えるだけです。
 進化のメカニズムを考えるうえで重要なことは、漸進説と跳躍説のどちらかを信じるかではなく、漸進的でありかつ跳躍的にも成り得るということを理解し、生物がどんな状況で漸進的に進化し、どんなシーンで跳躍的な進化を遂げるのかを見極めることだと思います。
 生物は同じ形質でいる方が有利である時は、漸進的に進化して一見ほとんど変化がない状態に留まり、爬虫類の一部から鳥類が分化するような場合には、過渡的生物が化石に残らないほど、しばしば跳躍的な進化が生じるのではないでしょうか。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

まず最初に選んでください↓  
 




 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内

cover4.jpg
学術エッセイ
人類汎幼進化計画


cover3.jpg
小説
少女たちと星の序章


cover2.jpg
エッセイ
単純世界の真面目症候群
Simple System and Serious Syndrome

cover.jpg
小説
あかねだいばくはつ

★講読には電子書籍リーダー Kindle が必要です。

sijn.jpg








recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM