1_萌萌虫雑記帳.png

トビズムカデ

2014/05/11


 オオムカデの仲間は、毒虫愛好家にたいへん人気があります。日本に棲息するトビズムカデは、日本を代表するオオムカデの一種です。子供の頃、山の中で初めて本種を見つけた時の感想は「ゴムのムカデってよく出来てるなぁ」でした。木にへばりついている本種が、ゴム製のおもちゃそっくりに見えたわけです。
 オオムカデはどうして人気があるんでしょう。その獰猛さが、怖いもの見たさを刺激するのでしょうか。オオムカデの仲間は世界中に分布し、ひじょうに多くの種を含みますが、よくまとまった仲間で、どれも同じような恰好をしています。ちがいと言えばサイズや色くらいでしょうか。もちろん例外的に異色な形態のものもいますが、たいていは似通った動物です。



 トビズムカデの名は、鳶色の頭のムカデの意味でしょう。現代人にはあまり馴染みがありませんが、鳶色は伝統的な和の色です。近縁種にアオズムカデというのもいます。



 飼育下でもオオムカデは、猛然と向かってくるので取り扱い注意の動物です。有毒で、噛まれると患部が腫れ上がります。その日は会社を休んで病院に行き、傷の悪化や化膿を抑えねばなりません。一頃、ムカデの魅力に憑かれて、多数の個体を飼っていましたから、小さな瓶で個別飼育していました。本種はオオムカデの中でもおとなしい方ですから、こんな飼い方でもそれほど危険はありませんが、中には飛びついてくるほどの猛者もいます。危険を回避するには高さのある容器で飼った方がよいです。15cmていどのプラケースでも飼育するには充分なのですが、フタの裏にくっついていたのに気づかす、メンテの時に噛まれるなんてありがちな事故です。
 ビンの中にムカデを入れて並べている図は、狂人的マッドサイエンティストか変質者っぽくってなかなか良いです。ビンの中の白く見えてるものはペットボトルのフタです。飲み水入れです。このビンは保湿性もよく、オオムカデのケージとしては悪くなかったです。



 この子は赤いですよ。上の写真と比べると、触角や頭はもとより肢まで赤いです。綺麗です。



 一般的な色あいは、こんな感じで肢は黄色です。
 筆者の家にはしばしば本種が出現します。庭よりも玄関先や家の中に出現することが多いのはどうしてでしょう。庭の方が獲物が多いのに。ある時、嫁さんが洗面所のカランをひねると、蛇口から幼体が出てきました。うちではゴキブリは見かけないが、トビズムカデが出没します。あと、ニホンヤモリがしばしば家中に侵入してきます。



 オオムカデの頭がひときわ大きいのは、頭の則部に強靱な大腮が張り出しているからです。頭の大半が口器ってわけですよ。大腮の先端は固く鋭く尖っており、これで獲物を加え込み毒を注入して動きを止めます。加えてたくさんの肢で抱きついて放しません。肢の力もそうとう強く、つかまった獲物は、肢のカゴに幽閉されているみたいになります。



 頭部を裏側から見ると、大腮の大きさ強さがさらによく解ります。見ているだけで痛々しいですね。
 オオムカデは、飼育下でしばしばダニにやられます。筆者のところではそうでした。皆さんのお宅ではいかがですか? ダニ対策として、粉状に砕いた活性炭を土の上に敷くと、ダニ避けに効果を発揮します。2〜3ヶ月で新しいものと交換しましょう。あなたの大切なムカデ君をダニから守ってくれます。ただ、これの欠点は、地表を黒くしてしまうのでムカデ君を写真に撮ると、かなり見栄えがよろしくないです。出来の悪い写真になっちまいます。撮影の際には被写体を明るい色の上に移動しましょう。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




つTw.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM