1_萌萌虫雑記帳.png

シモフリヤチグモ

2014/05/17


 13〜15mmていどの小さなクモです。近縁種にメガネヤチグモというのがいますが、両者はひじょうによく似ており、識別が困難だということです。筆者にはその能力がありません。つまり、この個体がメガネヤチグモの可能性もあるということです。



 家の敷地内で採集しました。人家の付近でもよく見られるクモです。タナグモ科のクモは筒状の巣を作ります。しばしばこれをハンモックと呼んだりします。



 小さなプラケースに浅くマットを敷いた単純なレイアウトで飼うことにしました。マットの表面にうっすらと糸を張っていますが、これは日を追うごとに濃いものになって行きました。



 ミルワームを入れてやると、それを糸で来るんで球形のカプセルを作りました。餌の貯蔵手段なのでしょうか。



 巣はどんどん濃厚になり、やがてその一部が縦穴のようになり、底の方にクモが陣取りました。これで巣はおおむね完成といったところでしょうか。



 ミルワームを食べているところです。



 ある時、巣の縦穴の中にたくさんの幼虫がわいていました。いつの間にか産卵していたようです。小さなクモを捕まえて飼ってみると、かなりの確率でこうして飼育下での繁殖を観察できます。小クモの飼育は簡単な上にユニークな生態を見せてくれるので、皆さんもぜひ飼ってみてください。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM