1_萌萌虫雑記帳.png

飲み水入れ

2014/05/20


 生き物の飼育において、飲み水の供給はひじょうに重要です。外温動物の場合は餌を長期間与えなくても飲み水があれば生きているくらいです。休眠する習性のある爬虫類では、半年間飲み水だけで過ごしていますし。
 ヘビやトカゲに飲み水を与えるには、水を張った入れ物を設置するだけで良いのですが、生き虫を食べる動物への給水はけっこう大変です。水入れに落ちた生き虫が溺死し、水入れに死骸がゾロゾロ浮いていたりするからです。ということは、小さな虫を飼うにも給水は大変だということです。
 野菜や昆虫ゼリーから水分を撮ってくれる虫は良いですが、そうでない場合はやっかいです。
 みなさん、虫に対してどのように水を与えているのでしょう。

 樹液食の甲虫類は、昆虫ゼリーだけで大丈夫ですね。同様に昆虫ゼリーを食べてくれる虫にはこれを与えれば良いです。
 スズムシやコオロギでは、水分の多い野菜を与えれば良いです。
 カマキリやキリギリスには、時折スプレーして水を与えます。筆者はサソリもスプレーで与えています。水皿を用意しても埋めてしまったりしますし、深い水皿では飲めないし。
 小さなクモや巣を張るクモもやはりスプレーですね。
 ヤモリの仲間では、ランドゲッコーと壁チョロでは事情が異なり、前者は比較的水皿から飲んでくれますが、壁チョロは水皿の水を認識できないものが少なくありません。これらに対してもスプレーするしかありません。水入れとスプレーの2系統も有効ですね。
 ランドゲッコーやタランチュラには、水皿を常設してやっていますが、水皿はいつも生き虫の溺死体でいっぱいです。ムカつきます。あまり深い容器だと、飼育動物自体が水を飲めないようですし。

 その悩みを解決してくれたのが、名古屋の有名店ペポニさんで求めた水入れです。あのお店のオリジナル商品です。タッパーのフタの中央にスリットを設けてあり、そこに包帯が挿入してあります。飼育動物は、浸透圧で包帯が吸い上げた水を飲むわけですが、そのうち包帯が汚れたりかじられてボロボロになったりすると、傷んだ部分を切除すれば良いわけです。かなりの長さの包帯がタッパーの中で水に使っているので、古くなった部分は切除して、新しい部分を引っ張りだします。これは素晴らしいです。
 筆者はこれまで、レッドローチの飼育に水を入れたタッパーに溺死防止のスポンジを浮かべて給水していました。それだと、水に浸かった虫たちが歩き回るせいか、ケージ内がすぐにドロドロになってしまったものです。ところが、このペポニ式水入れを使用するようになってからは、ケージ内がきれいな状態が長く続くようになり、とても助かりました。
 しかしながら、爆発的に繁殖するゴキブリたちは、包帯をすぐにボロボロにしてしまいます。包帯の消耗が激しすぎるのです。

 そこで筆者が考案したのが、以下のような給水器です。考案したといってもペポニ式に工夫を加えただけです。



 タッパーのフタの中央に、大きめのスリットを開けます。今回は1cm×4cmというサイズにしました。ここに熱帯魚のフィルターに使用するウールマットを突っ込みます。ウールマットのサイズは4×4cm×厚み15mmです。きっちりじゃなくていいです。適当です。



 タッパーにいっぱいいっぱいまで注水してフタをし、スリットにウールマットを突っ込みます。ウールマットの上部が数ミリ露出しているていどがいいですね。
 この給水器では、ウールマットが水洗いするだけで3ヶ月くらい余裕でもちました。同等のサイズに切った交換用ウールマットをたくさん用意しておいたのですが、全然使っていません。
 レッドローチへの給水の問題はこれで解決です。

 そしてさらに、タランチュラやヒョウモントカゲモドキにもこれを使用してみました。餌である生き虫が、飲み水で溺死するというイヤな出来事も解決です。
 ただ、この給水器を飼育動物が飲み水であると認識してくれるかどうかが問題です。そこで、設置する際に上の写真のように水がフタの上にあふれている状態にしておきます。
 フトアゴヒゲトカゲやシュナイダースキンクは、すぐにこれを飲み水として認識しました。ただ、フトアゴ君の場合は、同居者のエジプトトゲオアガマが蹴っ飛ばしてひっくり返し、ついでに埋めてしまいましたけど。なにするんじゃい。
 チョウにスポーツドリンクを与えるのにも応用できると良いのですが。ただし、スポーツドリンクを使用すると、スポンジがすぐに黒カビまみれになります。2日おきくらいの交換が必要です。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




つTw.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM