1_萌萌虫雑記帳.png

トビイロカミキリ

2014/05/28


 今日は、カミキリモドキに縁がある日でした。先刻アオカミキリモドキを見つけたばかりなのに、そこから遠からぬところで、キイロカミキリモドキに出会いました。普段は会おうと思ってもそうそうお目にかかれないんですけどね。



 ところが、写真を撮ってそれを家でつぶさに観察してみますと、キイロカミキリモドキとはいろんな点で異なることが判りました。目が小さく、触角が太く赤みがあり、肢も赤いです。同程度のサイズの似たような虫を当たってみましたが、ツチハンミョウ科のキイロゲンセイでは、肢や触角がもっと細くて黒く、翅鞘が少しふっくらしています。ジョウカイボンの仲間も当たってみましたが、こちらは頭部や前胸がこの虫よりも幅が広いようです。
 この虫の特徴は、小さいけれどカミキリムシだと結論づけざるを得ませんでした。憂鬱です。小さなカミキリムシとなると探すのが大変だからです。種類が多いですからね。
 ネット検索すること2時間、見つけました。ネット万能時代ですね。ネット万歳、ネット恐るべし。専門家があてがってくれる図鑑だけが頼りだった時代では、見つけられなかったかもです。大勢のアマチュアを含む人たちが、様々な方法で虫の写真を挙げてくれているおかげで、筆者の知らなかった虫でもこうして見つけることができます。
 その名もトビイロカミキリ。個体数は少なくないようなので、カミキリムシに詳しい人にとっては、こんな虫も知らないのか、って感じの虫のようですね。近似種にトゲヒゲトビイロカミキリというのもいるようです。
 最初に見つけた画像では、鞘楯が白くなっており、筆者が撮影した個体もそうでしたが、鞘楯が白くならない写真もたくさんありました。むむーぅ、こうなると種の同定がいささか怪しくなります。まぁ、あまり気にしないでおきましょう。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM