1_萌萌虫雑記帳.png

オビヒトリ

2016/09/06


 この項はもともとアカハラゴマダラヒトリとして記述していましたが、このたび専門家の判断により誤りであることが判明いたしましたので、訂正させていただきます。詳しくは(こちら)をご参照ください。
 なお、以下は訂正前のものをそのまま記載しております。

2014/05/27


 最近、ガに凝っています。というと大げさなんですが、凝ってるというよりガが増えてきて目立つ季節になったと言うべきでしょうか。思えば、ガ(蛾)の観察をこれまであまりしてきませんでしたし、飼育経験もほとんどありません(カイコガくらいですか)。なので、ガを見つけると疑問だらけです。そもそも種の同定から四苦八苦しなければなりません。



 ヒトリガですね、これは。シロヒトリです……よね。アメリカシロヒトリは腹部が赤くなったりしませんよね、たぶん。でもこれはちと赤すぎませんか? 腹部側面に帯状の赤紋が並ぶていどならあまり気にしなかったのですが、背面までベッタリ赤なので思わず写真に撮りました。



 ネットで調べてみますと、シロヒトリの近似種にスジモンヒトリというのがいて、それだと腹部の赤がかなり広くなるようです。それでもこの写真ほど強烈な赤を呈するヒトリガは見つかりませんでした。また、スジモンヒトリでは、筋状に並んだ黒い点がよく目立ち、今回筆者が見つけたものとはかなりのちがいがあります。

 けっきょくこのガは何なのでしょう。シロヒトリの腹部の赤化が著しい個体でしょうか。ズジモンヒトリの黒紋がほとんど消失してわずかだけ残ったものでしょうか。このわずかな黒紋の様子はアメリカシロヒトリにも見えます。
 この個体を見つけたのは、京都府南部ですが、じつは同じ場所で同等の個体を見るのはこれで2度目です。ここいらのシロヒトリはみんなこんな感じなのでしょうか。……頭がかゆいです。

 納得ゆかないので、さらに調べてみたところ、アカハラゴマダラヒトリという虫を見つけました。基本的には白い羽に多数の黒い点刻が整然と並ぶのですが、個体変異が多く、点刻がきわめて少ない個体もいるようです。これは、アカハラゴマダラヒトリの点刻のきわめて少ない変異型ということで納得です。すっきりしました。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM