1_萌萌虫雑記帳.png

モモイロヒルザキツキミソウ

2014/05/27


 今年の春は雑草が着ける花にやたら目が行って困ります。キリないし。ここに記述している以外にもあれこれ野の花を見つけたのですが、ほんとキリないし。また来年に見かけたら記述しましょ、なんて思い、雑草にカメラを向けるのもほどほどにしておこうと思っていた矢先、なんかすごいのを見つけてしまいました。



 花の径が大きいもので5cmくらいありますよ。しかも花数が多いです。これが雑草なら野の花としてはトップクラスの大花&多花です。通勤の行き帰りのご近所歩きで、また新たにこんな目立つのを見つけてしまうとは。



 ポピーやオオアマナも雑草と化すこの辺りのことですから、これも園芸植物の逸出ものでしょうけどね。
 ネットで調べてみましたところ、見つけるのに少々時間がかかってしまったものの、モモイロヒルザキツキミソウという植物を見つけることができました。聞いたことない名前です。アカバナ科マツヨイグサ属の多年草らしいです。マツヨイグサと言えば、夜に花を咲かせるスズメガと仲良しのあれですよね。オオマツヨイグサの黄色い花は筆者が子供の頃から親しんできた植物の1つです。その仲間とは。言われてみれば花の形状が似てるかもです。



 オオマツヨイグサの場合、茎がもっと直立していて、もっと高い位置に花をつけますが、この花はほとんど地面を這っています。もともと草丈があったのに、先日の雨で倒れたのかもしれませんが。



 原産地は北アメリカで観賞用として渡来したものが逸出して野生化しているそうです。同属にツキミソウがあり、それはメキシコ原産で咲き始めの夕方は白い花で、翌朝しぼむ頃に淡いピンクになるそうです。本種は日中も咲き続けることからこの名前があるそうです。モモイロが付かずに、ヒルザキツキミソウと呼称しているケースも多いようです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM