1_萌萌虫雑記帳.png

アカビロウドコガネ

2014/05/31


 幼少の頃に、ビロウドコガネを初めて見つけた時には、たいそう驚きました。まん丸い形や7〜8mmていどのサイズはハムシの仲間のようですが、触角が糸状ではなくコガネムシ型なのです。すなわち基部から途中まで糸状で先端が豆型に膨らんでいます。この小さな昆虫がまさかのコガネムシ。遠足に行った時に見つけたマメコガネでももちっと大きいぞ。しかもこんなにまん丸じゃないし。そしてコガネムシ独特の光沢がありません。まるで黒い布で覆ったような感じです。
 まぁ、筆者がこの虫と出会うのが遅かっただけで、珍しい虫でもなんでもないのですが。かと言ってホイコラ見つかるわけでもなく、いつも思わぬところで出くわし、山野に探しに行ってもなかなか見つからない、そんな感じの虫です。虫とはそういうものかも知れませんが。



 で、まっ黒ちびすけの中でも明瞭な赤みを帯びるのが本種、アカビロウドコガネですね。今回も家路に向かう道をポコポコ歩いていると、道端で居眠りしていました。なんか、大自然の中よりも道端等でよく出くわします。
 ビロウドコガネの仲間は、形態的によく似た小さな虫たちで、コガネムシ科ビロウドコガネ亜科を構成する一群ですが、コフキコガネ亜科の中のビロウドコガネ族として記述している文献も見受けます。筆者としては、ビロウドコガネ亜科として独立して分類する方に賛成です。背面に毛を生じてコガネムシ独特の光沢が失われることは共通していますが、それ以外はかなり形態的に差異があります。



 ちょこまかと動き回ってなかなか写真を撮らせてくれません。イラッときます。標本にしちまうぞ、こるぅあ。
 でもね、綺麗な写真を記載するのは当ブログの役目というわけでもないので。もっと素晴らしいカメラマンが他で綺麗な社員をたくさん挙げておられるので、そちらを参照してください。
 筆者の経験では、ビロウドコガネよりも本種アカビロウドコガネの方が遭遇率が高いですね。あと、ビロウドコガネにもいろいろあって、同じように小さな黒いコガネでもなんかたくさん種類があって、種の同定に難儀する仲間です。大型のコガネムシのようにはハッキリしていないのです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM