1_萌萌虫雑記帳.png

ヨモギハムシ

2014/05/31


 テントウムシ、アブラムシ、アリンコと並んでヨモギの主要な住人です。これら3種と共にいつでも会えるお手軽な隣人でもあります。日本人のほとんどの人たちと同様、筆者も子供の頃には、このキラキラ光る小虫を集めた覚えがあります。ありますよね。



 しかしだ。筆者はこの年に至るまで、この虫を飼育したことがない。いつでも飼えるとタカをくくっていたのがまちがいでした、出会ってから50年、1度も飼ったことがないのです。ヨモギハムシ未経験のまま大人になりジジイになってしまいました。
 というわけで、ここらで一発、飼っとかんといかんやろ、ということにしました。帰路の道すがら、空き地に生えていたヨモギからひょいひょいと3匹ほどつまんで帰りました。



 そしてふと気づけば、ハムシと名のつく昆虫を、筆者はこれまで飼ったことがなかったのです。ナチュラリストとしては、これはもぐりと言われても仕方ない手落ちです。



 ハムシを飼うには大きな入れ物は必要ありません。手のひらサイズのプラケースに食草と一緒に放り込んでおいて、あとは食草が枯れないうちに新鮮なものと交換してやるだけです。

 小さな虫の生涯を観察するなら、ハムシよりもテントウムシがお勧めです。ライフサイクルが早いので短時間で卵→幼虫→蛹→成虫の生態が観察できます。餌が生きたアブラムシなので、アブラムシをいつでも収穫できる場所を確保しておかねばなりませんが。
 できれば、ヨモギに着いているアブラムシを見つけておいて、アブラムシとヨモギハムシとテントウムシをセットで飼うと面白いと思います。ケージ内に土を入れてヨモギを植えておく暗いの規模の飼育セットを用意できるなら、さらにアリンコをこれに加えられます。アリンコを飼うには、巣を見つけて幼虫だの女王だのを確保する必要がありますが、小さな生態系を手中にできて楽しいと思いますよ。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM