1_萌萌虫雑記帳.png

クワエダシャク

2014/06/03


 先日、筆者の生活圏的でクワを見つけたという話しを別項でしましたが、そのクワの葉をかじるシャクトリムシの成虫に今日は出会いました。その名もクワエダシャク。クワを食草とする枝状のシャクトリムシという意味がこの和名から読めますね。



 ご覧の通り、まんま樹皮って感じのガです。この時は灯火に飛来しコンクリートの上にいたので、擬態効果は全然でしたが。
 幼虫の擬態っぷりはさらに素晴らしく、食草の枝に腹端の歩脚で捕まって直立すると、そこから生えた小枝と化します。学校の理科か生物の時間に虫の擬態の好例として教科書に載っていたのではないでしょうか。そして忍耐強いことには、幼虫はこの直立姿勢のまま越冬します。えらいことですね、一冬不動って……。小春日和の日なんかには背伸びのひとつもするのでしょうか。
 群馬県ではレッドデータブックに記載されていると、とあるサイトにありました。棲息数は多くないのでしょうか。今度クワの木をジトーッと見つめて幼虫を探してみます。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM