1_萌萌虫雑記帳.png

フタモンウバタマコメツキ

2014/06/03


 灯火になかなかの大物がやって来ました。でも残念ながら人に踏みつぶされてすでに死去していました。得意のジャンプで逃げられなかったのですかねぇ。かなり原型をとどめていたので、とりあえず写真を撮っておきました。



 コメツキムシの中でもけっこう大きな種ですが、この個体はその中でもずいぶん大きくて35mmくらいはありました。生きてたら得意のジャンプを観察できたのに。
 コメツキムシは、裏返ると前胸と中胸の間のバネの力で弾けるようにジャンプし、起き上がります。裏返った時にしかこの技は使えないので、これを用いて敵から逃げるという用途には使えません。
 それにしてもコメツキムシのご先祖はなにゆえにこの技を会得したのでしょうね。甲虫類の形態として前胸のみが独立的で、中胸と後胸は腹部と共に一体構造になり、前胸と中胸をつなぐ節(前胸節の後端が細くなって中胸に挿し込まれている)はかなり柔軟に動きます。甲虫類を裏返しにすると、この部分がよく動くのが判ります。その動きに反動を点けてジャンプする技をコメツキムシの先祖は会得したというわけですが、その他の甲虫でこの機構を採用したものはいません。便利で面白いと思うのですが。
 ちなみにカミキリムシの仲間は、この部分を前後に動かし、その摩擦で威嚇音を発します。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM