1_萌萌虫雑記帳.png

コガネムシ

204/06/05


 スジコガネ亜科の代表選手です。本種の和名がそのまま甲虫類の代名詞にもなっていますね。燦然と輝くメタリックなボディは、発見者を感動させたのかも知れません。漢字で書くと黄金虫ですし。ドウガネブイブイほどではありませんが、大きめのサイズのわりには平野部でもよく見かける虫です。昆虫に興味を持ち始めたばかりの子供たちにとっては、なかなか素敵な収穫でしょう。
 しかし成虫は葉食い幼虫は根食いという、植物にとっては有り難くない、また人間様にとっては害虫と定義される仲間でもあります。もっとも本種が作物を荒らす話しはあまり聞きませんが。



 オオクワガタを起点とする昆虫ブーム以降、様々な外国の甲虫類が輸入されますが、葉食いの仲間は植物防疫の観点から輸入されません。我々が知る生きた外産甲虫は樹液食や肉食の一部の虫に過ぎません。ひじょうに魅力的なコガネムシ類やゾウムシ類、カミキリムシ類は、標本しか入って来ないのです。ナナフシやコノハムシの仲間は時折植防の網をくぐり抜けて来ますが。



 庭をほじくり返していると、しばしば白いC字型の幼虫を見つけます。可愛らしいイモムシ君がどんな甲虫になるのか、気になったことはありませんか? でも、見つけた幼虫が根食いか腐葉土食いか、素人判断ではなかなか難しいものです。で、考えたのですが、昆虫マットでニンジンを育てておき、その中に見つけた幼虫を投入すれば、どちらにも対応できるのではないでしょうか。



 鱗翅目(チョウやガ)の幼虫は種ごとにあれほど異なるのに、コガネムシ科やクワガタムシ科の幼虫たちは、どうしてあんなに似通っているのでしょう。土中や朽木の中の暮らしでは人目につきにくくオシャレしても仕方ないからでしょうか。もっともチョウやガの幼虫たちは、擬態や保護色といった見つかりにくい工夫をしているわけではありますが。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM