1_萌萌虫雑記帳.png

ジムグリパイソン
(カラバリア)

2014/06/07


 アフリカのカッコよろしくないパイソンです。といいつつボアです。かつてはボア科の中の亜科の位置づけだったパイソンの仲間が、最近では独立した科として分類されるようになり、その際にボアの方に入れられたようです。なので従来より使われているジムグリパイソンの名は適当とは言えません。混乱を避けるために俗名をカナ表記して、カラバリアと呼称することもあります。



 ボアとパイソンの特徴を併せ持つというか曖昧な感じの原始的な種です。全長1メートルくらいの小型種で、地中生活をしながらモグラや小さなネズミを捕食するそうですが、とてものんびりとしたヘビなので、こんなんで生きた餌が採れるのかって不安になってしまいます。
 とりあえず土の中から出てきません。掘り返すといつもこんな感じで丸まっています。むしろからまっているといった感じです。ほどけるのでしょうか。



 小さな眼と口器は、優秀な捕食者のそれとは思えないですね。飼育下ではマウスに餌づきやすく、比較的飼いやすいという人と、飼育困難と断じる人とに分かれます。個体差が大きいということなのでしょうか。筆者が飼っていた個体は、困難の方でした。置き餌のマウスもなかなか食べてくれません。生きたマウスを置いてやってもなかなか食べませんでした。



 ボア科に属するも、卵胎生種が多いボア科にあって珍しく卵生です。その辺りがパイソンという名のボアたるゆえんですね。
 昆虫マットを深く敷き、水入れを半分埋め込むというレイアウトで飼っていましたが、とりあえず普段は姿を見ないです。クワガタムシの幼虫を飼っているみたいなものですね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM