1_萌萌虫雑記帳.png

ウメエダシャク

2014/06/12


 少しばかり綺麗なガが飛来しましたよ。それほど珍しいガではありませんが、ユウマダラエダシャクよりは見る機会が少ないですかね。ユウマダラエダシャクとどっちが綺麗でしょう。それは主観の問題なので、なんとも言えませんが、筆者的には子供の頃から馴染み深いユウマダラエダシャクに一票ってところですかね。



 本種は、ユウマダラエダシャクとは対照的に、強いコントラストのある色あいを呈します。メリハリのある白黒模様の翅、黄色と黒の胴部。ガの仲間としてはかなり目立つ色彩をしています。腹部がトンボのように長いのも特徴的です。
 シャクガの仲間はひじょうに種類が多く、色や形もバラエティに富んでいますが、このガのように派手な色彩にはどんなメリットがあるのでしょう。警戒色でしょうか。ハチや有毒動物には見えませんけどね。



 幼虫も親に倣って、白黒黄のトリカラーの派手な色彩をしたシャクトリムシです。この虫はウメやエゴノキ、スイカズラ、リンゴなどを食害する害虫として有名で、大量発生して木を丸坊主にしてしまうほどだと聞きます。園芸家や農家の人の天敵というわけですが、そのような惨劇の現場を筆者は目にしたことがないです。本種の害虫ぶりを誇張して聞かされたのかも知れませんが、あながちウソでもないと思います。当然ながら駆除対象動物になっていて、本種の食草となる植物を育てている方々は薬品散布等の対策をとっていらっしゃるのでしょうが、その防御網をくぐり抜けてこうして生育している個体がいるってことですよね。あるいは近くの山に食草になる植物が自生しているのかも。上記以外の植物でも食草になるものがありそうですし。
 うちに植えてあるハニーサックル類はスイカズラの仲間なので心配です。って言うか、それが食草になるなら、幼虫を見つければ飼えるじゃん! 探してみましょ、派手好みのシャクトリムシさん。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM