1_萌萌虫雑記帳.png

ミドリリンガ

2014/06/12


 これはまた美しいガです。ガの仲間は周知のとおり鱗粉というパウダー状のもので全身が覆われており、体色の色や模様はこの鱗粉の羅列によって構成されているわけですが、このガは鮮烈な緑色です。緑色の虫と言えばバッタやカマキリを思い浮かべますが、本種はそれらと比べても遜色ない、否、それを上回るほどの濃厚抹茶色です。



 じつは筆者は、今の今まで本種の存在を知りませんでした。これほど濃厚な緑色のガがいること自体知りませんでした。長く生きていても昆虫の世界はまだまだ知らないことだらけです。コブガ科リンガ亜科という分類も存じあげませんでした。



 顔はこんな感じ。シンプルで長い触角がリリしいですね。この虫、かなり気に入ってしまいましたよ。連れて帰ろうかな。昆虫ゼリー食うかなぁ。幼虫の食草はアラカシだと、ネットで検索したら出てました。アカガシならあるんだけど。アラカシもアカガシも一緒じゃん、1字ちがいだし。メスかなぁ、アカガシの葉を入れておいたら産卵しないかなぁ。



 チラッと後翅が見えていますが、後翅は前翅とは対照的な茶色です。緑と茶色は取り合わせとして美的効果が高いと子供の頃に図工の時間に教わりました。美的センスの高い虫ですね。もっともこれも保護色の一環なのでしょうが。

コメント
蛾でも緑のものがいるのですね。基本蝶屋なので、驚きました。
飼育ですが、ヤガ系は吸汁、水するものが多いので、成虫なら昆虫ゼリー、乳酸飲料でまかなえるのではないでしょうか?
採卵に関してはよく解らないのですが、食草を入れた大きめのタッパーなどに入れておけば産んでくれるそうです。
ハトゥーザ様。お久しぶりです。
アドバイスありがとうございます。本種はまだ1頭しか見たことがなくて、残念ながら逃がしてしまいました。代わりにというわけでもないのですが、タケカレハを卵から育てております。もうずいぶん経つのにちっともマユを作らないので、そろそろくじけそうです。食草の調達も面倒だし。
うちに植わっている植物で飼育できる幼虫がいいな。
それにしてもこの緑の蛾は綺麗ですよね。僕も最初見たときはひっくりしました。
またいろいろ教えてください。
  • 筆者
  • 2014/09/05 11:39 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM