1_萌萌虫雑記帳.png

高山植物園

2014/06/18


 今年2014年のゴールデンウィークに家族で六甲高山植物園に行ってまいりました。その時にたくさん写真を撮ったのですが(すべてスマホ撮りのいまいち写真ですが)、このところ蛾やその他の虫の記述に明け暮れておりましてなかなか紹介することができませんでした。蛾は撮っても撮ってもキリがなく、次々と新手が飛来するので、ここいらで一段落して高山植物たちのユニークな姿を紹介して行きたいと思います。
 GWという時期は、高山植物としては春の花と初夏の花が混在し、まさに花盛りといった感を呈する花の見ごろの時期でした。筆者の家も山地に位置しますが、海抜931メートルの六甲山山頂から遠からぬところに設営された植物園は、5月でも肌寒く長袖が手放せません。この寒さは低山地や平野では初春といった感じですが、同植物園では春の花が盛りで初夏の花さえ咲き始めています。季節感がかなりちがいます。
 6月もそろそろ下旬、うかうかしていると夏の花が咲きだしている頃ですが、今頃になって六甲高山植物園の春の花を紹介しようってわけです。夏の花も見に行きたいのですが、今のところその予定はありません。
 筆者としてはたくさんの写真を持ち帰ったつもりでも、これらは同植物園のごくごく一部にしかすぎません。花をつけていないものはスルーするというミーハーぶりも手伝って、とりあえず目につくものをわずかばかり撮ったに過ぎません。そしてそのわずかばかりの中に、いまだに植物の名前が判らないものもあるという有り様です。
 植物園には、すごそうな一眼レフを携え、腰を据えて撮影に挑んでいる人の姿もチラホラ見かけました。そうした人たちが筆者の数倍見事な写真をブログに上げられたりするのを想像すると、筆者ごときがここで記事にすることに意義を見いだせずへこんでしまうわけですが、まぁ、人生恥をかくために有りきと悟っておりますゆえ、先を続けます。
 本章に記載する各項は、日付が異なるも、2014年のGWに六甲高山植物園に赴いた際の1日の記録です。


 ↑ 荒れ地に繁茂する丈の小さい草花、高山植物と言えばこういう光景が目に浮かぶ。

 ↑ トイレも若草色で"らしさ"を感じた。

 ↑ ピンクはやはり花をイメージしているのか。

 ↑ 食べ終えたおにぎりを包んでいたアルミホイールは、銀の実をこさえてからゴミとして持ち帰るべし。

 ↑ 湿度のある山肌。すぐ近くを小川が流れていた。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




つTw.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM