1_萌萌虫雑記帳.png

カノコガ

2014/06/18


 一風変わった形態をしたガですが、それほど珍しい虫でもないので、ご存じの方も少なくないと思います。ここ数日何頭か見かけるようになりました。本種はこれからが成虫の活動期間なのでしょうか。けっこう低い位置を昼間でも飛び回っていて、手で捕まえることもできます。



 白と黒のまだら模様になった翅は、白い部分が半透明です。オオスカシバのように鱗粉を落としてしまうようなわけではないのでしょうが、鱗粉は他のガに比べると少ない感じがします。手で触っても手が粉だらけになりません。
 手で触ると、翅の模様のとおりに手に粉がつくのでハンコチョウとも呼ばれるそうですが、筆者が触ってみたところではそんなふうにはなりませんでした。



 ある種のハチに擬態しているようですが、本種を知る人や昆虫にあるていど通じている人なら、本種をハチと見まちがえることはないでしょう。ハチを食べて痛い目に遇った覚えのあるカエルには効果があるかもしれませんが。



 とても特徴的なガですが、ヒトリガ科に属しカノコガ亜科というグループを作っているそうです。ヒトリガにはとえも見えませんけどね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM