1_萌萌虫雑記帳.png

ユキモチソウ

2014/06/18


 ゴールデンウィークに家族でどこか行こうぜって話しになった際に、筆者はコマクサ目当てで六甲高山植物園を推したのですが、嫁さんは本種の写真を見て同意しました。漢字では雪餅草と書くことから、時期的にもう遅いかもと心配したのですが、ちゃんと待っててくれました。園内各所に自生していて、その奇妙な花をたっぷり見せてくれました。



 そもそもサトイモ科の植物は変わってます。いったい何を考えているのか判りません。これが花だと言われても、虫たちも首をかしげるんじゃないでしょうか。なんか食虫植物のトラップっぽいし。



 雰囲気的に仏教の匂いもしますよね。なんだか後光を背負った仏っぽくね? 筆者はその白い頭にマジックで顔を描きたいとかなり真剣に思いました。



 横姿です。飛来した虫が、突出した葉状部にぶつかって、筒の中に落下し栄養になっちまう、なんてことはないのでしょうか。あるいはサトイモ科植物が食虫植物の祖先だったりして。



 後ろ姿です。ストライプがおしゃれですね。



 上から見降ろすと、別物のように見えます。



 雪餅草の名のとおり、白い部分はお餅そっくりです。ちなみにこの部分を肉穂花序、葉状部を仏炎苞というそうです。やっぱ仏様だ。



 多湿な場所に群落を見つけました。今の時期はどうしても花に目を奪われますが、葉もなかなか綺麗ですよ。模様付きの葉もあります。



 これは……。葉も花もまだ若い色をしています。これ以外に若い苗は見かけませんでしたが。
 販売コーナーでは、本種の苗も売っていました。こんなのが庭に植えてあっても面白いかもしれませんね。と言いつつ買いませんでしたけど。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM