1_萌萌虫雑記帳.png

シンジュサン2

2014/06/19


 北海道北広島市で採集したシンジュサンの卵を送っていただきましたよ。あの大きくて美麗なガを育てることができたらどんなに素晴らしいことでしょう。考えるだけでワクワクします。



 卵と孵化直後の幼虫のデジタルスコープ写真です。卵とすでに孵化している幼虫が混在する状態で発送してもらったようですが、輸送中にすでにすべて孵化を終えていて、孵化前の卵は見当たりませんでした。



 卵はいずれも上部が食い破られていますね。こうして見ると大きな卵に見えますが、実際のサイズは長径1mm少々といったところです。



 すでにかなり生育した幼虫も入っていました。頭の大きさを比べると、大きい方はすでに加令していることが判ります。



 思っていたよりも多くの幼虫がいたので、庭に生えているシラカシを与えることにしました。多数の幼虫に餌を安定供給づるには、これがいちばんと思わるたからです。水を満たしたビンに枝葉を差し、鮮度を維持できるようにします。
 シンジュサンの幼虫は、数多くの植物の葉を食べることができる、高い広食性を持つと思われます。ネット検索によるとたくさんの食草が挙げられていました。いくつかの文献を確かめてシラカシの名を見つけることはできませんでしたが、その他多くの広葉樹という記述に期待したいと思います。



 上の写真2枚は、両方とも初令幼虫だと思われます。体の大きさがひじょうに異なるものの頭の大きさが変わらないからです。下の幼虫はすでに多くの餌を食して成長しているということです。そうなると、シラカシを食べてくれるかどうかひじょうに不安になります。広食性の虫であってもガの幼虫等では、最初に口にしたもの以外は食べないと言われているからです。



 送っていただいた幼虫が何を食べていたのか問い合わせたところで、同じ葉を用意できるかわからないので、シラカシ飼育を強行するしかありません。
 チョウの幼虫を飼育されている方で、食草の調達が間に合わず、代用のものを与えたところ食べたという記述をネット上に残しておられるのを読んだことがありますし、筆者の経験では、ヨモギで育てていたルリタテハの幼虫にキュウリを与えたところ、バリバリと食べました。幼虫が絶対に食草を変えないとは言い切れないのかもしれないのです。
 ということで、ずいぶん実験的で乱暴な飼い方であり、失敗に終わる可能性が高いと思われますが、成功はベテランの飼育者に任せて、実験を続けたいと思います。

コメント
はじめてコメントさせていただきます。
現在 私もシンジュサンを飼育しています。
楠で飼育していますが、うちの庭にもシラカシがあるので、顛末が気になります。
シラカシは食べましたでしょうか・・。
  • testu
  • 2014/07/26 10:48 AM
tests様。
コメントありがとうございます。
シンジュサンの食草としてシラカシを挙げているのは、じつは僕も見たことがありません。ただ、かなり広食性をもつ幼虫らしいので試してみました。

すでに孵化して別の葉を食べていた幼虫はシラカシを食べなかった可能性が高いです。孵化して初めて口にしたのがシラカシだった幼虫は、これをモリモリ食べて成長しました。
現在、終令幼虫までの記述を記載しておりますが、すでに繭を作っている個体もいますので、近日中にその記事についてもアップする予定です。
今の心配事は、羽化の時期ですね。同時に飼育中のクスサンやヤママユはおそらく秋の羽化と思われますが、シンジュサンは夏の間に羽化するかもしれません。羽化の様子をぜひ観察したいものです。

高い広食性を持つ幼虫は、くせのない広葉樹の葉ならあるていど餌にできるようです。ただ注意しなければならないのは、飼育中の幼虫の餌を途中から変更することは基本的にできないと考えた方が良いということです。
変更可能なケースもあるかもしれませんが、リスクは大きいと思います。以前育てたヒメアカタテハはヨモギからキュウリの実に変更ができましたが……。
シンジュサンの羽化の時期等、知識をお持ちでしたらまた教えてください。
  • 筆者
  • 2014/07/26 11:31 AM
丁寧な解説をありがとうございました。
御礼の書き込みがおそくなってしまい申し訳ありません。
現在6腹ぶんの卵をそれぞれ楠で育てていますが、まだ孵化していない5−6腹ぶんの一部をシラカシで試してみようとおもいます。
現在育てている幼虫の羽化時期については私も頭を悩ませています。年2化というのは越冬蛹から羽化した成虫を1化と数えるとすれば今育てている幼虫はこのまま越冬蛹になるという計算で・・・もしも日長時間に影響されるならば、この幼虫たちは屋外飼育か暗箱飼育をしなくてはいけないのか・・・。むずかしいですね。
また お話 聞かせてください。
ありがとうございました。
  • testu
  • 2014/08/10 11:29 AM
うちで飼育中のものは現在蛹です。今月中に羽化して産卵して秋までに越冬まゆになる予定です。
シンジュサンはクスサンやヤママユのように夏の間は休眠するというタイプではないので、成虫の発生時期や繁殖にはバラつきがあるかもしれませんね。
現在卵または幼虫であれば、もしかすると秋までに羽化してもう1度産卵する可能性もあるかもです。それでもクスサンやヤママユと同様に越冬まゆを作れますからね。僕なら今から孵化するものでも常温飼育とし屋外にケージを置きます。
  • 筆者
  • 2014/08/10 2:19 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM