1_萌萌虫雑記帳.png

ニホンアマガエル4

2014/06/23


 アマガエルたちも最近はあまり啼かなくなりました。繁殖シーズンもそろそろ終わりなのでしょうか。けっこう大きな声で啼くので、静かになるとご近所迷惑の心配をしなくて良いのですが。



 以前に見つけた背中に斑紋が生じた個体ですが、あれから茶色に変じることもなく、中途半端な色のままになっています。何がしたいのでしょうね。



 やっぱ緑が綺麗でいいと思うのですが。現在飼育中の唯一のメスです。



 この子は比較的明るい色をしています。
 ただ、カエルの体色はずっと一定ではないので、たまたま今こんな感じだけなのかもしれません。現在飼育中のシュレーゲルのメスなどは、暗色になったり明るくなったりよく移り変わります。



 アマガエルは水中産卵なので、餌を与えてから3日くらい経つとケージに水を満たしておき、次の給餌までそのままにし、給餌から3日間は水を張らないというサイクルを続けてきました。アマガエルはかなり貪食で物怖じしないので、レッドローチを与えるとたいていその日のうちに食べてしまうのですが、翌日から水を張ると水が糞だらけになる気がして、3日張らないようにしていました。



 水の中でこんなものを見つけました。卵かと期待したのですが、どうやら糞だったようです。今年は産卵する気はなさそうです。というか現在のやり方では産卵を望めないのかも知れませんが。気合い入れて繁殖に臨むなら、もっと大きなケージでアクアテラリウム(水陸がある飼育環境)を設えるべきなのでしょう。



 鼻先だけが肌色に変色したオスです。これもなかなか珍しい色彩変化ですね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ



サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM