1_萌萌虫雑記帳.png

ワタフキカイガラムシ

2014/06/25


 図鑑等では見たことがあるのですが、実物は初めて見ました。クワの木に1頭だけくっついていました。この手の虫って群れるものだと思っていましたが。けっこう大きくて1cmくらいありそうです。なかなか綺麗です。別名イセリアカイガラムシとも呼ばれます。



 それにしても変な虫ですよね、これでも昆虫の仲間というから驚きです。セミやカメムシと同じく半翅目の虫で、多くの樹木に寄生します。鋭い針状の口器を小枝に刺して体を固定してほとんど
動かないのですが、いちおう肢は付いていて、つついてやるとイヤイヤながら少し移動しました。



 文献をあさってみますと、じつはこれはメスの成虫で、前半部の赤みのある部分が本体で、あとの白いものは卵嚢だそうです。ワタフキの名称どおり、白い綿状のものを分泌しそれをそれをひきずっているわけです。綿状の中にはたくさんの卵が詰まっています。
 基本的にメスだけで単為生殖するようですが、南西諸島では本土ではほとんど見ることのできないオスが観察できるそうです。オスは翅を有する小さな虫で、飛び回ってメスを見つけ有性生殖を行なうようです。
 ほんとに変な虫ですが、カイガラムシの仲間にはもっと意味不明なものがたくさんいて、これなんかまだ虫らしい方みたいですよ。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM