動物を可愛がるということ

 犬や猫や小鳥などを飼っている人たちは、動物たちを我が子のように可愛がりますよね。名前を付け、大変手間をかけて世話を焼き、暑さ寒さから守り、鈴やリボンといったアクセサリーを着けたりとか。
 子犬なんかが面白い形に毛をカットされていたり、染色されていたり、あるいは服を着せられていたりするのを見ると、ちょっと面食らってしまいます。筆者には理解できない接し方ですから。ほんとに我が子にオシャレさせるみたいに、ペットのファッションを楽しんでいるのでしょう。
 生き物に対するこのような接し方に批判的な人も少なくないですよね。飼い主の自己満足であってペットの方は迷惑していると。でも、筆者はそうは思いません。生き物にとって何が幸せかは、本人のみぞ知るわけで、ああやって過剰に可愛がられて案外満足しているかも知れません。餌に不自由しないし、天敵などの脅威もない。元気に長生きしますし。
 生き物は自然界で自由に生きるのが一番だ、人間社会に隔離するのは残酷だ。そんなことを言う人も少なくありません。でも、野生に生きるとういのも厳しく残酷なものです。それに多くの生き物たちが、古くから人間と共存して来ました。愛玩動物や家畜の歴史はたいへん古いものです。人間との付き合いというのも、それはそれで自然の形のひとつなのかもですよ。人間自身が自然の産物であるわけですし。
 家族同然で動物と接している人たちは、心が通じ合えるそうです。すごいですね。高い学習能力を持つ哺乳動物となら、そういうこともあるのかも知れません。でも、ペット愛好家の多くは、爬虫類や両生類とだって心が通じ合えるというのですよ。だからちゃんと面倒みなきゃいけないと。飼育環境を整えて餌を与えるだけじゃダメで、声をかけたり、機嫌が良いか悪いか気にかけてあげなくてはいけないと。
 筆者はかつては、こういう接し方には反対でした。爬虫類が人とのコミュニケーションを歓迎するもんか。野生に生きる彼らは、子育てもしないし家族生活もしない。出会った生き物は餌か敵か、あるいは繁殖のための異性。そんな彼らが人と接したがるわけがない。

 筆者が初めてコーンスネークの子供を手に入れたのは、飼育と繁殖を手掛けている女性からの頂き物でした。彼女はヘビの子供を譲渡することを、里子に出すという表現をされていました。
 その女性は、他に巨大なニシキヘビも飼っているのですが、あるとき知人が飼っている小犬を見てどうしても欲しくなり、ダックスフンドを購入したそうです。ニシキヘビ君にすれば、活きのいい餌がやって来たというんで大喜びだったのですが、「この子はご飯じゃないのよ、お友だちなのよ」と教えると、以来、一緒に並んでお昼寝する仲になったそうです。
 やはり、爬虫類にも心はあるのでしょうか。植物にだって音楽を聴かせて育てるらしいですしね。生き物と付き合うには、学識だけでは片手落ちなのかも知れません。生き物との共存の長い歴史の中で、人は学識よりも経験で彼らと接して来たはずですし、彼らは良き隣人であり旧い友人であったわけですから。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

まず最初に選んでください↓  
 




1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


cover.jpg
小説
あかねだいばくはつ
Amazon Kindle 電子出版

講読には電子書籍リーダー Kindle が必要です。

sijn.jpg








recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM