1_萌萌虫雑記帳.png

ジャコウアゲハ11

2014/06/27


 飼育中の幼虫たちは、昨日までにすべて蛹になりました。大型タッパーに切り取ったウマノスズクサの葉を満たしたものと、鉢植えのウマノスズクサとで育てていて、後者の方が餌食いがよくなく成長も明らかに遅かったのですが、それも無事に蛹化を迎えました。



 鉢植え飼育の蛹です。ずいぶん成長が送れていたのですが、蛹化の時期はそれほど遅れず、蛹のサイズも小さくありません。後半戦でかなり巻き返したようです。



 お菊虫は、やっぱ綺麗ですね。緑の葉に黄色がよく映えます。って、目立って大丈夫なのでしょうか。毒を持つウマノスズクサを食するジャコウアゲハもやはり有毒なので、鳥もそれを知っているのでしょうか。



 タッパー飼育の蛹たちを集めました。お菊虫ゾロゾロ。なぜお菊虫かについては、前項を参照してください。
 アゲハの蛹は、たいてい垂直姿勢で蛹化しますが、本種は多くが水平にぶら下がっており、上の写真のように縦向きの蛹は少なかったです。タッパー飼育でもタッパーのフタの裏に水平姿勢でくっちていることが多かったです。垂直姿勢と水平姿勢とでは、どちらが羽化しやすいでしょうか。垂直の場合は、筆者の観察では蛹よりも上によじ登ろうとするケースが多かったですが、水平の場合はそれが困難になり、蛹の脱け殻に足場を固定するしかありません。もしかするとその方が羽化がスムーズに行くのかもしれません。この蛹たちの羽化の観察では、水平にぶら下げた状態を維持してみましょうか。
 人情としては縦向きが"らしい"のですが。
 

コメント
ジャコウアゲハ、羨ましいです。
僕はアゲハ類には疎く、飼育はシロチョウやシジミ、ジャノメ、ガが中心ですね。
標本の方は色々作りますが。
所で飼育中のキリシマミドリシジミとテングチョウはどうなったのでしょうか?
ハトゥーザ様。
キリシマミドリとテングチョウは、けっきょくすべて死んでしまいました。テングチョウはうまく管理すれば夏眠に入って秋に産卵したかもですが、うちでの放任飼育では上手くゆかなかったです。
ジャコウアゲハは現在4頭の蛹がありますが、よろしければお譲りしますよ。
  • 筆者
  • 2014/06/29 11:52 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM