1_萌萌虫雑記帳.png

キイロテントウ4

2014/07/04


 筆者の生活圏でクワの木を見つけて、それで初めて出会ったキイロテントウですが、同じクワの木で成虫の個体数が明らかに増えています。見たところ本種の餌になるような菌類が繁殖しているのは視認できないのですが、人間には見えなくても虫の目には見える菌類が繁茂しているのかもしれません。



 うちにクワの葉にくっついてきた幼虫も、蛹化を迎え、もしかしたら天然のクワの葉を供給し続けることで飼育し続けられる可能性を感じているところです。



 脱け殻を発見しました。これは羽化したあとの蛹ですね。意外なことに幼虫や成虫は見つけられるのに蛹がなかなか見つかりません。筆者が目撃した例は、今のところ連れて帰った幼虫が蛹化したものだけです。成虫の個体数が徐々に増えていることもありますし、そのうち蛹にも出会えることでしょう。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM