1_萌萌虫雑記帳.png

スペキオーサ・ジュッセリーニ5

2014/07/04


 先日羽化した個体も一人前の成虫になりました。一人前というのもおかしな表現ですが、今では羽化後の名残もまったく見られず、先に羽化した個体と仲良く?暮らしています。



 形態的には、日本のカナブンと良く似ています。サイズも同等で深みのある金属光沢も。ただ、本種は6肢と腹部腹面が青く、翅鞘は緑、前胸背板と鞘楯が赤みを帯びるという、少し派手な色あいをしています。



 腹面は、全体的に青ですが、胸部や後肢腿節に緑がのっています。



 頭頂が日本のカナブンほど角張っておらず、前胸もやや丸みがあります。



 見る角度や光の加減で、色あいがいささか変化します。いわゆるタマムシ色というやつです。



 上の写真では、ひとつ上のものより翅鞘が青く見えていますね。



 トータルフォルムでみても、日本のカナブンよりも厚みがあって丸っこい感じがします。
 以上、成虫の身体検査でした。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM